Vol.23 2020ハロウィン花火

10月31日、湯河原町では町民の元気回復を目的に、
「withコロナ」の時代の新たなカタチでの花火大会ということで、
「2020ハロウィン花火」が開催されました。
我が家では、自宅から見える範囲の“ 空高く打ち上げられた花火 ”を
楽しむことにしました。
15分間で6,000発打ち上げられたということでしたが、
何発くらい、見えたのでしょう……多くが光や音だけで、
「今頃、海上では……」と想像力を働かせながらの鑑賞となりました。
澄んだ空気の秋の夜空に打ち上げられた花火は、
色鮮やかでとても美しく、そして、儚くて―――
家族で花火鑑賞ができることも、当たり前のことではなく、
とても貴重な時間なんだなぁ……。
入居者の皆さんは、今までのように、ご家族と会えていないんだよなぁ……。
コロナって、罹らなくても、人との距離や生活を変えてしまったなぁ……。
せっかく「元気回復」を目的に打ち上げられた花火だったのに、
なんだか、感傷的になってしまいました。
来年の花火は、どんな気持ちで見ているのでしょうか……。
ハロウィン花火