Vol.18 “ 中に入っておいで ”

コロナの流行により、入居されている方とご家族の面会は、
窓ガラス越しに携帯電話で会話していただいています。
ある日、女性入居者の方と、娘さんの会話が聞こえてきました。
「 何でそんなところにいるの? 早く中に入っておいで 」
「今は、コロナの感染が怖いから、ここでいいの」
――― 暑い中、外にいる娘さんに中に入るよう手招きをしています。
手をのばしても触れることのできないガラスの隔たりを超えて、
大切な人を守りたい……という親子の気持ちが行き来している光景は、
今の時代を生きていくために必要な「切ないけれど、温かい」
新しい一場面でした。
私たちのこの施設が、入居者の方にとっても、ご家族にとっても、
気持ちの通った温かい場所となり、
そして、働く者にとっても、安心できる人生の居場所のひとつとなれますように。